【お知らせ】 URLが(旧)hb-plaza.reloaded.jpから(新)reloaded.hb-plaza.comへ変更されました。 ブックマークの変更をお願いいたします。

MSFS2020 簡単!FMSで目的地まで飛ぶ方法(初心者向け)

マイクロソフトフライトシミュレーター2020(MSFS2020)でFMS(飛行管理装置)を使用し、ILS(計器着陸装置)で着陸する方法を解説します。

FMSに入力する方法

FMSのINIT(イニシャライズ/初期化)を押します。

今回は羽田空港(RJTT)から関西国際空港(RJBB)まで飛びたいので、RJTT/RJBBと入力します。

入力が終わったら右上のFROM/TOを押します。

※直ぐに画面が切り替わらない場合は少し待ちます。

RETURNを押します。

※RETURNを押さずに次の手順に進んでもOKです。

F-PLN(フライトプラン)を押し、目的地(DEST)のRJBBを押します。

ARRIVAL(アライヴァル/到着)を押します。

着陸したい滑走路を選択します。

今回はILSで着陸するため例としてILS 06Lを選択します。

画面上に目的の滑走路が見当たらない場合は矢印ボタンでスクロール可能です。

TMPY INSERT(テンポラリーインサート)を押します。

これで関西国際空港の滑走路までのルートが入力されました。

目的の滑走路へのアプローチでILS RW06Lが表示されています。

以上で完了です。

※羽田空港で表示させるとILS周波数が同じ横田飛行場のILS RW18が表示されます。

(横田飛行場の18滑走路と関空の06L滑走路はどちらもILS周波数108.70です)

また、ILS進入の際には「LS」と「APPR」がオンになっていることをお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました